お菓子食べながらポケモンカードしたい ホーム » スポンサー広告 » 旅行 »ベトナム旅行3日目

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ベトナム旅行3日目  

ベトナム旅行3日目。

この日は旅行会社さん主催のツアーに参加しました。
ホーチミンからバスで1時間ほどのメコン川へ行き、養蜂場見学・キャラメル工場見学・果物・メコン川クルーズ・昼食を食べて帰宅、という内容で55ドル(約4400円)。安い。

CIMG2342.jpg
メコン川入口。ここでクルーズするのではなく、川のなかにある麒麟島への入り口。
ちなみに道中のバスでは、(ベトナムなのに)タイ人のガイドさんが、ベトナムについて色々話してくれました。
・ベトナムは公務員が一番稼げるが、コネコネしないと入れないため、汚職が蔓延
・白バイに捕まっても、賄賂を渡せば罰金の半額の出費ですむ
・でも大学を出て海外の企業に入社できれば、同等かよりお金持ちになれる
・ホーチミンの人々は週末になると田舎に帰るため、土日のホーチミンは人が減る。(実際、3日目はバイクの数が大分減って歩きやすかったです)
・デート代は男性もち 女性はお金持ちの外国人(年齢・国民問わず)男性を選ぶ でも最近中国人韓国人は評判が悪い

揺れるバスの中で必死にメモを取るに値する、面白い内容でした。
ベトナムの良い点もガイドしてくれれば、もっと楽しかったんだけどなあ。

CIMG2343.jpg
水が茶色いのは、肥沃な土が流れ込んでいるからのようです。
汚れているわけではない、と。
トリコも言ってましたね、「透明すぎる水に生物は住めない」と。

CIMG2344.jpg

CIMG2345.jpg

CIMG2346.jpg
島に上陸。ドリアン!

CIMG2347.jpg
観光客を待ち構える露店。

CIMG2351.jpg
養蜂農場にて。
写真は、はすの実でコリコリして甘く、お茶と一緒に食べました。

CIMG2352.jpg
蜂蜜入りお茶。

CIMG2353.jpg
ローヤルゼリー。
お土産用に2瓶購入しました。

CIMG2354.jpg
蛇。

CIMG2356.jpg
ココナッツキャラメル工場にて。ココナッツの殻の山。

CIMG2357.jpg
作業中。

CIMG2359.jpg
これを細かく切って、オブラートで包んで、キャラメルになります。
ココナッツ入りなのでかなり甘いです。
ノーマル、ココア入り、笹入り、など5種類の味がありました。

CIMG2361.jpg
道を逸れると、現地の方々が暮らす領域になります。しかしツアーの客はそこもどやどやと通ります。

CIMG2363.jpg
果物も食べました。
マンゴー、パイナップルといったメジャーどころに加えて、日本では見かけない果物もいくつか。

CIMG2366.jpg
その一つ、ランブータン。
みずみずしくて歯ごたえと甘みがあり、気に入って3つくらい食べました。

CIMG2364.jpg
現地の方々が歌を聴かせてくれました。


CIMG2367.jpg
いよいよクルーズ。船着き場は混雑。

CIMG2370.jpg
現地の人も行き交うので、かなり渋滞してましたが、渋滞を一時的に抜けた隙にとった一枚。
他の船にガンガンぶつかるたんびに、ひっくり返ったりデジカメを落としたりしないかとハラハラしました。

CIMG2373.jpg
帰りにココナツジュースも飲みました。ほんのり薄味。
これ、かなり量があるんですね。

ここからは昼食。コースで色々出てきました。
CIMG2375.jpg
エレファントフィッシュ。
像の耳に似ているから、この名前が付いたそう。味はほとんどありません。

CIMG2377.jpg
生春巻きとエビ。

CIMG2378.jpg
ベトナム風お好み焼き(右)と、焼いた生春巻き(左)。

CIMG2379.jpg
日本でもみかけるごく普通の炒飯と、その左上に見えるのがソイチンフォンの残骸。
ソイチンフォンは揚げて風船のように膨らませたお餅……というのが本来の姿なのですが、気が付いたら割られていました。

CIMG2380.jpg
豆入りの甘いスープ。デザートか?

CIMG2381.jpg
ツアー解散後、街をふらつきながら入ったアイス専門店、『バクダンアイス』。
そこでタロイモアイスを食べました。55000ドン(約220円)。
タロイモは結局食べられなかったのだけれど、タロイモアイスは焼き芋のような味でした。

CIMG2382.jpg
夕飯の頃にはベトナムドンが尽きてしまい、アメリカドルが使えそうな店を探して散々さまよった挙句、ガイドブックにも載っていた『ベトナムハウス』に決めました。
決めたんですが、これが、予想以上に豪華な店でして。まあこの写真を見ればわかると思いますが。
ただ、夕飯を食べている客は、いかにも旅行客といったラフな格好の人ばかりだったので、「ドレスじゃないから変な目で見られるかも!?」と思ったのですが杞憂でした。
その代わり奥にはバーのカウンターがあり、そこでは正装した大人の方々が、お酒を召し上がっておられました。

CIMG2383.jpg
私はやたらビビリまくって、「(サービス料が高くて)お金が足りなかったらどうしよう!?」「ワイン頼まないと追い出されるのかな!?」など、(客を見ればそこまで高級志向な店でないことは分かるのに)なんか色々口走り、友人になだめられていました。

CIMG2384.jpg
あんだけビビっておきながら、コース料理を頼みました。w
まずはお通し(?)のえびせん。

CIMG2385.jpg
生春巻き。
具がみっちり入っていて(写真にはエビが3尾見えますね)、タレ(ニョクマム?)の味付けも洗練されており、さすがに美味しい。

CIMG2386.jpg
海老。香ばしい。

CIMG2387.jpg
フィンガーボウル。

CIMG2388.jpg
basa fish(東南アジアで採れる魚)の揚げ物。サクサク食べます。

CIMG2389.jpg
香料入りローストチキン。
肉は柔らかく、味付けは濃厚。香料もしっかり効いていました。日本にはない味です。

CIMG2390.jpg
記憶が曖昧……
ビーフンかな?

CIMG2391.jpg
魚介スープ。

CIMG2393.jpg
デザート。バナナのフリッター。

CIMG2394.jpg
メニューはこちら。39万ドン(1560円)。
これに水代とサービス代で2000円いかないくらい。
観光客向けだということを考えると、やはりかなり安い。
(後で知ったんですが、ここはブッシュ大統領などのVIPもいらっしゃる店のようです)

この後は空港へ移動し、夜中に出発。
翌日の朝に成田空港へ到着しました。
ベトナムには北部ハノイや、中部の観光地もあるので、また機会があれば行ってみたいですね。
スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kamaitachinews.blog79.fc2.com/tb.php/38-b4de0636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

カテゴリ

相互リンク募集チュウ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。